はじめに

海外駐在・勤務をめざす日本人は多くいますが、なかでも台湾は日本からも近く、また国民性が新日的なので人気の赴任先でもあります。台湾の工業園区エリアに居住している企業はソニー、NEC、IBM、NOKIAなど皆が聞いた事があるような大企業が見えます。台湾への駐在員をめざすならコンピューター産業というのが1つのキーポイントになるでしょう。

台湾駐在員の求人なら日系の人材紹介サイトを使おう!

台湾駐在員をめざすことになるので、日本国内で転職就職活動を行うことになります。そうなるとやはり日系の人材紹介サイトを活用するのがメリットが豊富といえます。人材紹介サイトは企業と人材を仲介するサービス。仕事を探している人が無料で登録する事ができ、担当者についてもらい台湾駐在員を募集している企業とのマッチングをしてもらいましょう。

キャリアのアドバイザーである担当者と蜜な打合せを実施し、自分の経歴・希望する業種・年収を伝えればタイミングよく求人が出ていれば企業側に書類を通してもらえます。面接のアドバイス等ももらえるので、積極的に求人情報を仕入れるようにしたいです。おすすめ日系人材紹介サイトを以下に記します。

 

リクルートが提供する外国向け、次世代リーダー向けサービス

リクルートエージェント。年収800万以上や豊富な手当付の台湾駐在員を狙いたい!若いうちから海外でのキャリアを積みたい!技術力と語学力を武器に評価してくれる会社に入りたい!そんな方を支援するサイトがこちら。キャリアアドバイザー在籍の人材紹介サービスです。リクルートだけあって求人が豊富、最も台湾駐在員にちかいサービスといえます。

 

 

国内2位の規模で求人を扱う、インテリジェンス

DODAサービスです。国内リクルートに次ぐ2位規模なのでとにかく数を探したい場合はコチラにも登録しておくことをおすすめします。台湾の駐在員の求人がすぐのタイミングで見つかるとは限らない、むしろ可能性は低いので、人材紹介サービスも複数登録してアンテナを貼っておく事で可能性を高めたいところですね。

 

 

台湾ならではのIT系転職もねらえる

マイナビエージェント。こちらもマルチな人材紹介ですが特にIT系にも強みを持っているので様々なコンピューター・情報関連企業の求人を集めています。台湾といえばハイテク産業、その台湾駐在員をめざすならこちらも登録しておきたいサービスといえます。

 

 

台湾駐在員の求人が見つからない場合は

台湾では一定の求人は出ていると思いますが、必ずしも望んでいる業種・職種でタイミングよく求人が見つからない場合もあるでしょう。そんな時はもう少し視野を広げて検討してみてはいかがでしょうか。例えば台湾にこだわりがあるなら現地企業で求人を探す事も可能です。給料は日本ほどもらえませんが、日本語教師、IC産業の多くの企業、製造業など仕事も月に何件か出ています。

給料や良い生活を望むなら台湾ではなく隣国のシンガポールやマレーシアの駐在員求人を探すのも手段の1つです。日本から駐在員として多くの社員が勤務しているし生活水準は高い、治安も良いですよ。言語も様々で若いうちに海外の経験を積むことも可能、その後に台湾駐在員になる道もあるのではないでしょうか。